プロパンガスと都市ガスの違いについて

お料理やお風呂、冬場の暖房など、多くのご家庭で毎日必ずと言ってよいほど使用するガス製品。

壊れた時以外ではあまり買い替える機会もないので特に意識をしていないと思います。ところが、お住いによって使えるガス製品が決まっているというのをご存知でしたか?間違った製品を使用すると重大な事故につながる恐れもあります。

どのガス製品が使えるのかは、ガスの種類で変わります。ご家庭で使用するガスには、「プロパンガス」と「都市ガス」の2種類があります。一体どのような違いがあるのでしょうか。

この二つのガスは、原料が違います。プロパンやブタンが主成分で液化石油ガスであるプロパンガスに対し、都市ガスはメタンが主成分の天然ガスです。主成分が違う為、液化する温度や重さなどの違いからご家庭に供給する方法も異なります。プロパンガスは個別のボンベに充填され各家庭ごとに設置できますが、都市ガスはガス管をあらかじめ整備してからの供給となります。

よって前者は郊外や地方都市で、後者は整備の行き届いた都市部での利用が多くなっています。また、料金にも違いがあります。供給会社によっても変わりますが一般的に都市ガスよりもプロパンガスの料金の方が高い傾向にあります。このガスの違いにより、使えるガス機器が違ってくるのです。ガス機器は必ずプロパンガス用と都市ガス用とに分かれています。ガス機器の買い替えの際には、ご自宅のガスがどちらのガスなのか確認をしてから買い替えるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *