プロパンガスと都市ガスの違い

プロパンガスと都市ガスにはいくつかの違いがあります。

まず原料自体がそれぞれ異なります。プロパンガスはブタンが主成分で、都市ガスはLNGと呼ばれる液化天然ガスのメタンが主成分です。その為、重さも二つを比べてみると全然違います。プロパンガスは空気よりも重いので、ガス漏れした場合は低い場所に溜まるので、窓を開けて外にガスをほうき等で掃きだすと良いですし、警報機は部屋の壁の下部につける必要があります。

一方都市ガスは空気より軽く、ガス漏れした場合は、部屋の中だと天井部分に溜まりやすいので、窓を開けるだけで空中へと放出する事が可能です。警報機も天井部や壁の上部分につけると良いです。他にも火力にも違いはあります。

プロパンガスの方が都市ガスよりも熱量が強く、同じ体積でおよそ2倍の熱を出す事が可能です。しかし熱量と火力は異なるので、同じガス機器を使用するのであれば、どちらのガスでも火力自体は同じなのでそれほど気にする必要はありません。あと導入する時のコストも違います。

どちらも使用するには配管工事が必要となりますが、プロパンガスは、配管工事費は基本的に無料ですが、その分を毎月のガス料金で分割払いになっている所もあるので、契約時に確認すると良いです。そして値段も都市ガスよりも約2倍弱かかります。何故なら自由料金なので、国や公的機関によるガイドラインが設けられておらず、業者が自由に決める事が出来るので多少高くなっているのが特徴です。もちろん業者によって料金の違いがあるので契約する場合はチェックしてみると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *