意外に知られていないプロパンガスと都市ガスの違い

日頃からよく耳にするプロパンガスと都市ガスという言葉ですが、実はその違いについては意外に知られていないと言われています。

まず、両者の決定的な違いの一つは原料でしょう。プロパンガスが、ブタンやプロパンを主成分としている液化石油ガスであるのに対して、都市ガスはメタンを主成分とする液化天然ガスです。

また、この両者の供給方法も異なっていると言われています。プロパンガスの場合、マイナス42度まで冷却すると液体となり、体積が250分の1にまで小さくなるという性質を利用して、液体のままボンベに詰めて各家庭に運ばれることになります。

それに対してプロパンガスの都市ガスとの違いの場合、マイナス162度まで冷却すると液体になり、体積は何と600分の1という大きさまで小さくなるという性質を利用して、液体の状態で大量に輸入してタンカーの貯蔵し、その後気化したものを導管ネットワークを通じて各家庭に提供することになっています。さらに重さという点でも違いがあり、プロパンガスは空気よりも重く、都市ガスは空気よりも軽いとされています。

そのため、ガスが漏れた際の対処の仕方も当然ながら異なってきます。ちなみにプロパンガスが漏れた場合は、ガスは床面に広がるとともに低い場所にたまる恐れがあるため、窓を開けてほうきなどでガスを掃き出すようにすることができます。都市ガスが室内で漏れた場合には天井部にたまってしまうため、窓を開けてガスを大気中に放出するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *