ビルトイン型の浄水器がおすすめ

ビルトイン型の浄水器は大きさについては据置型のものと変わらないのですが、専用蛇口を取り付けて、本体をシンクの下に取り付けるのでキッチンで場所をとらないので、おすすめできます。

取り付けるためには工事をする必要があり、販売されている料金については工事費と合わせて、およそ8万円から20万円ぐらいまでと幅があります。ビルトイン型は、色々な、ろ材が組み合わせられていますが、そのほとんどは一番安い素材である中空糸膜と、粒状になっている活性炭を組み合わせたものとなっています。蛇口直結型の規模を大きくしものと捉えることができます。ビルトイン型の浄水器の水道水を処理することができる能力は蛇口直結型の2倍ぐらいあるため、たくさん水を使うことができておすすめです。

中空糸膜と、活性炭を組み合わせた、ろ材は、フィルターが細かいので、目詰まりが発生しやすく、汚れが詰まって流出することがあったり、水が出る量が急に減ってしまうことがありますが、ビルトイン型の浄水器は、設置するために工事をする必要があるため、割合大手の企業が参入してきているので、安心感があるというのも、おすすめできるポイントの一つとなります。

ビルトイン型は元止め水栓としての役割を専用の蛇口が担っています。そのため、専用の蛇口を捻っても、すぐに水が出てこないことがありますが、このようになっているのは、本体に水圧が加わらないようにして安全性を向上させる目的があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *