ガス料金は都市とプロパンでは違う

ガス料金はどこの会社でも同じようなものと感じますが、実は都市ガスとプロパンでは料金にかなり違いがあります。

プロパンはガス会社が自由に設定が可能で、会社ごとに基本料金も違うのでかなり差が出てきます。都市ガスは都市ガスはその地域で供給している会社や、自治体のガス局と供給契約をするので公共料金になります。都市ガスの方がガス代金は一般的に安いですが、プロパンを利用している家庭は多いです。これはインフラ自体が整ってない問題があるためで、都市型は地下にあるガス管を通って各家庭に供給されるのでそれが無いエリアはプロパンになります。

2017年4月から都市ガスは自由化になり、会社も自由に選べるようになりました。また、一人暮らしだと集合住宅に住んでいることが多いですが、アパートやマンションなど賃貸物件で都市ガスが設置されているときは契約する会社も自由に選択出来ます。プロパンだと持家なら自由に会社を選べますが、賃貸だと会社を選ぶ権利が大家さんにあるので先に相談する必要があります。

賃貸のプロパンの料金は大家さんと会社が契約して決めていて、その物件の給湯器やエアコンなどの設置費用はガス会社が負担してて、その分入居者が支払うガス料金を高く設定していることもあります。新しく引越しなどをして賃貸を探す時にはガス料金についても事前に確認した方が良いです。ガス代を少しでも節約するには会社の見直しが必要です。ガス自由化で電気と同じように選択できるので、自分に最適なプランがある所へ切り替えるのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *