月々のガス料金が決まる要素

取引が自由化された影響で、各企業のガス料金はオプション割引の特典が多数存在し、特に冬季は料金プラン次第で1割近くやすくなる物があります。

割引される条件は企業で指定された機材の設置が多く、ガス料金を支払うだけでお湯だけでなく床暖房も使える料金プランが存在します。また製造ガスに限りより多くのガスを使用すると段階的に割引される料金プランも有名で、専用の機器を取り付けるだけで簡単にガスの切り替えができます。

ただし床暖房はヒートポンプ冷暖房設備が必要で、価格も機材によっては50万円以上かかる為長期的な必要費用を見据えた上での導入を強くお勧めします。尚取り換えの場合は掘削料金が必要ないので全体的なガス料金は安くなるメリットもあります。ガス料金は使用する機材によって差が出る事も多く、節約機能が付いているガスファンヒーターの場合は一か月で凡そ3000円から5000円が必要です。

この料金差は設置した場所の広さの影響による物で、7畳から20畳の広さで1日8時間の使用を想定しています。一方ガスコンロは強火と弱火でそれぞれ1時間の使用で37円と5円の差があり、業務用ガスを使用した場合はこれに3円から5円料金が高くなります。さらにシャワーとお風呂は、浴槽一杯分のお湯で比較すると双方70円程になりますが、シャワーは利用する人数に比例して高くなる為、湯船のほうが節約できます。特に4人家族を想定した時は料金差が顕著に表れ、お風呂231円に対してシャワー25分の使用で578円掛かります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *