フードサービス業では欠かせないガスのメリット

フードサービス業を営む際には、厨房で利用する調理器具の殆どがガスを用いていることが基本です。

現在ではオール電化住宅なども増えていることもあり、コンロはIHを利用する一般家庭が多い中、フードサービス業では殆どのお店でガスコンロを活用することが決まりごとのようになっています。メリットが沢山あり、まずはIHとは異なり利用する調理器具を選ばずに使えることです。鍋やフライパンなどがメインになりますが、どのような器具でも対応できます。厨房の場合は数多くの調理器具を使い分けするものですが、対応力に優れていることは優位性が感じられます。

調理する内容にも影響をもたらします。一般家庭ではIHでも十分という方も数多く存在していますが、フードサービス業の場合、炙りと焦げ目を付けることが必要になる料理は沢山あり、IHではこのような調理法を行うことができないので、根本的に利用目的に違いがあることが分かります。あらゆるメニューに対応できるコンロなので、IHではなくガスを用いることのメリットになります。停電対策にも問題がありません。

IHの場合は当然ながら停電してしまうと一切使うことができません。ガスコンロの場合は問題なく利用することができるので、お店を閉店してしまうというリスクが無くなります。火力の調整能力に優れていることもポイントです。厨房では沢山のメニューを作り上げる場所なので、火力を細かに調整することは欠かせません。何かとメリットの豊富なガスになりますが、フードサービス業の場合は屋外にプロパンボンベを沢山設置していることを見掛けることがあり、その理由は他では再現できない特徴とメリットがあることが前提です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *