ガス料金は見直すべきなのか

日本ではかつてガス料金はそれぞれの地域のものが適用される仕組みになっていました。

基本的には選択の余地がなかったので、公共料金という形で一定の平等性が保たれていたという側面もあります。しかし、ガスは自由化され、どこのガスでも基本的には購入できるようになりました。今ではさらに安いガス会社へと乗り換えることが出来ます。ところが自由化されてからもこれまで利用してきたガス会社をそのまま利用している方が多くいて、乗り換えるケースはむしろ少なくなっています。これは何故でしょうか。

1つにはガスという生活において重要な要素を変えてしまうことに対するリスクのイメージです。実際にはどこのガス会社もまともな運営をしていて、ガスが止まってしまう可能性は低いですが、どうしても変更すると不具合が起こるのではないかという気持ちになります。もう1つはガス料金がどこもそれほど変わらないということです。

ガス料金の自由化以降、価格競争が始まるのかと思いきやほとんどのガス会社は料金を少し下げただけでした。実際にどこでもあまり差はないので、あえて見直す必要がないと考えている方も多くおられます。ただし、セットでの割引が適用される場合はこの限りではありません。例えば通信費とガス、電気などをまとめることでお得になる設定にしている業者もあります。ガスの見直しは必須ではないものの、必要に応じて適切な料金にすることが求められるといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *