ガス料金を高く感じる理由

ガス料金が高いと感じる時は、本当に高いか否かを含めて、その理由を知ることが大切です。

通常、ガス料金は使った量を単価で掛けた金額が費用として請求されます。使い過ぎがあれば高額になりますし、単価が高くても同様に高く感じる結果に至ります。単価の目安としては、都市ガスの場合だと1立方mあたり150円ほどで、プロパンガスなら都市ガスの2倍強、300円以上で500円にも600円にもなります。ガス料金には基本料金もあって、都市ガスなら毎月1、000円、プロパンガスだと同じく月々1、500円から2、000円が使った分に加わります。

単価は地域差が存在するので、必ずしもこの単価や基本料金が当てはまるとは限りませんが、例えば東京だと月々4、000円から7、000円に収まるはずです。ガス料金の差は、季節ごとでガスの使用量が異なってくることが要因の1つで、暖かい夏場よりもお湯を使う冬場の方が上がる傾向です。都市ガスでも人によっては高い印象を受けるでしょうが、プロパンガスはもっと高額になりがちです。

使用量が減る夏場でも8、000円ほどになりますし、冬場であれば15、000円に迫るケースも珍しくないです。年間にすると100、000円オーバーですから、ガスはかなり家計に影響を与えることが分かります。勿論、家族が多ければその分使用量が増えるので、より高額な金額が請求されてもおかしくないといえます。つまり、ガス料金が高いと感じる理由は、都市ガスではなくプロパンガスを使っていたり、使用量が多くなる冬場だからだと結論づけられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *