ガスの料金が引越しをしたら大幅に変わる理由と対策

ガスの料金が、引越しをしたら大幅に変わったという経験をした人は結構いるのではないでしょうか。

エリアによってガス料金が異なるということも理由ですが、もっと大きな理由があります。それは、都市ガスとプロパンガスとでは後者のほうが料金が高いことにあります。一人暮らしのワンルームでは、基本的に月額1万円を超えることはめったにありません。ところが、プロパンのタイプですとこれが起こり得るのです。冬に毎日お風呂に入っていたりすると、月額1万円を超えてしまうでしょう。

引越しをしたら料金が大幅に変わる理由としては、「プロパンになってしまったから料金が上がった」もしくは逆に「プロパンではなくなったから料金が下がった」となります。自分が所有している一戸建ての場合、自由に契約する業者を決められます。マンションの場合にはそうはいかないことに注意です。

マンションの場合には大家さんや管理会社が契約先を決めています。そのため、基本的には自由に決めることができないので、引越し前にしっかりと確認しておくことが大切です。いかがでしたでしょうか。ガス自由化とは言っても、賃貸のマンション・アパートの場合には自由に変えられないので、契約前の確認が重要だということがわかりました。自分が所有している一戸建てなら、どこの業者と契約するのも自由です。オール電化にすればこの心配はなくなりますが、オール電化にもデメリットはあります。長く住む場合には月額数千円程度の差でも大きなものとなりますので、事前調査が重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *