ガスの種類と料金を抑える方法

日々の生活に欠かせない都市ガスには、メタンと呼ばれる成分が使われています。

メタンは1個の炭素原子に4個の水素原子が結合した単純な構造の炭化水素で、空気よりも軽い気体です。政府が提供しているため価格が比較的安く、料金が変動したとしても、その変動幅が小さいのが特徴です。大きな丸いタンクに貯蔵され、パイプを通って各家庭に送られます。ただ、都市ガスはすべての地域にまで行き渡っていません。そのような地域ではプロパンガスが使われます。

これは液化石油ガスと呼ばれる成分が使われていますが、プロパンやブタンなどを主成分とし、圧縮することで液化させることができるのが特徴で、各家庭ごとにボンベに入れて供給されます。料金が少し高くなってしまうのがデメリットとして挙げられますが、プロパンを扱っている会社は1社だけでなく、同じ地域に複数あるので、他のお店とも料金の比較をして、より安いところを見つけることが大切です。

都市ガスについても小売り自由化により、今までの料金よりも安くすることができます。少しでも料金を安くしたい場合は、販売会社を変えてみるのも手です。もちろん、それだけでなく節約術を見つけることも重要です。たとえばお風呂を沸かしたときには、湯舟にふたをして熱を逃がさないようにしたり、家族で入る時は間隔を開けずに入る、シャワーを流しっぱなしにしないなど、少しの心がけで使用料を減らし、料金を節約することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *