ガス料金の価格設定に違いはあるが

プロパンガスのガス料金設定はガソリンや灯油などの価格設定に似ていて、それぞれの事業者が価格を決めることができるのです。

自由にガス料金を設定することができるとはいえ、毎月のガス料金をいい加減に決めているわけではありません。基本料金とガスの使用量に応じて決められている、従量料金により請求されるようになっています。ガスを使う使わないに関わらず請求されるのは基本料金となり、それにはメーターに関わる費用・配管費用・ガス容器の維持管理費用・検針や保安関連費用が含まれているのです。

それに加えてそれぞれの使用量に応じてかかる従量料金には、ガスの原価・配送料になっています。基本料金と使用量に応じて決まってくる従量料金との合計が、毎月の請求額となっているのです。ガス料金が会社により違いがあるのは、仕入れ価格・ガスの配送費用・設備や点検などの保安費用・人件費などにより料金が構成されていますが、仕入れ価格以外では地域や企業規模やサービスなどの違いにより変わります。

特に地域の違いには大きな差が出るようになっていて、需要規模が大きな都会や住宅密集地などでは効率よく配送できることから配送費用の削減ができるのです。その反面重要規模が小さい所では配送するのに時間がかかるなど、人件費が多く必要となることからそれが料金に反映されるのようになります。しかし自然災害などの被害を受けた場合などの復旧の早さは、電気などの比ではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *