自由化しガス料金を見直すきっかけに

都市ガスの自由化が行われることで、ガス会社はガス料金を自由に決めることができるようになりました。

自由化される前は都市ガスの販売は、政府が認めた会社が販売を独占していました。販売できるのは各地域ごとに1社であったため、料金で比較して会社を選ぶことはできなかったのです。

しかし、政府の許可を取ることができれば、様々な会社が都市ガスの販売を始められるようになりました。これをきっかけに、電力会社をはじめとした様々な会社が販売をはじめています。会社ごとに料金や割引対象になるガス設備などがことなるので、一度見直してみると良いでしょう。今まで1社が独占して販売していたため、価格競争がなかったため料金は比較のしようがありませんでしたが、何故各社のガス料金は違うのでしょうか。まず、原料の調達方法に理由があります。

ガスはLNGという液化天然ガスから作られていますが、これはごく一部を除き海外から輸入されています。今までは安定性を重視し、リスクの少ない国から輸入をしていましたが、各社が競争をはじめることで、価格も考えて調達しなければならなくやりました。このため、料金が安くなるのです。また、プロパンガスは以前から自由化されていたため、この機会にどちらがガス料金が安いのか比較してみるのも良いでしょう。ただし、プロパンガと都市ガスのガス機器は互換性がありませんし、都市ガスの場合は配管などの初期投資が必要になるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *